住宅.jp

施工方法と特徴

好みの明るさを実現!

フロアコーティングをすることによって、自分のライフスタイルに合わせて、床を作りかえることができます。ツヤの強さを調整することによって、自分だけの美しい部屋を作ってみませんか?

フロアコーティングがワックスより選ばれる理由

メンテナンスが楽

ワックスは定期的な重労働を行う必要があります。自分で施工する場所の家具をどかさないといけませんし、汚れを徹底的に落とさないといけないので、大変です。それに比べてフロアコーティングは一度で長期間の効果があるために何回も塗り直しいなくてもいいです。

水や油に耐性が強い

ワックスの場合は水や油に強いのは最初だけで、時間が経つとコーティングが溶けてしまいます。そのため、床を手入れの回数が多いのです。逆にフロアコーティングは従来のワックスよりも、油や水に強いです。また、薬品などの耐性もある為、長持ちします。

汚れを簡単に落とせる

フロアコーティングの最大限のメリットは床の汚れを簡単に落とせることでしょう。強固な汚れでもスッと落とすことができるので、掃除に時間がかかりません。もしも、ワックスでコーティングしていたら、床の汚れを落とす前にワックスごと剥がれる可能性が高いです。

耐用年数が長い

ワックスの場合は耐用年数が長くても、せいぜい約2、3か月です。しかも、短いものであれば、一か月も持たないワックスもあります。しかし、フロアコーティングを行えば、耐用年数が約10数年、家の床のコーティングをキープすることができます。

安全性が高い

ワックスは種類も多く、商品ごとに塗料の成分が違い、人体に害があるもの中にはあります。しかし、フロアコーティングなら、人体に害がない塗料を使用しているのでペットやお子さんが舐めても大丈夫です。また、滑りにくいのも、安心できるポイントでしょう。

フロアコーティングの種類

部屋

UVコーティング

フロアコーティングの中で最も優秀と言われているのが、UVコーティングです。耐久性は勿論のこと、耐摩擦性や耐熱性にも優れています。そして、何によって耐用年数が約20年以上の効果があり、多くのご家庭から満足度が高いです。

シリコンコーティング

シリコンコーティングはアクリル樹脂とシリコン樹脂を混ぜた塗料で施工を行います。このシリコンコーティングの特徴としては、耐アンモニア性、撥水性に優れています。そのため、キッチンや洗面所などの水を使用する場所には最適な施工になります。

ガラスコーティング

床の材質感をそのままキープしたいなら、ガラスコーティングがおすすめです。施工が終わっても、今まで通りの床材質感なので、足に違和感を感じさせません。また、ガラスコーティングは傷に強い施工なので、ペットを飼っているご家庭にも嬉しい施工方法です。

ウレタンコーティング

フロアコーティングの中で最も古い施工方法と知られているのが、ウレタンコーティング。以前では油が主流だったのですが、近年では、水性のウレタンコーティングが注目を浴びています。床の保護性能はやや低いですが、コストが安く人気があります。